スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひこうきブルルーン!」お気に入り絵本の紹介

おもちゃのひこうきを買ってもらった男の子のお話。
飛行機が大好きなわが子は、この絵本も大好き!
でも、途中かいじゅうが出てくるところは「こわ~い><!」と言っています。


スポンサーサイト

寝かしつけに強力な絵本「ねないこだれだ」

うちの子が、「こわい!こわい!」と言って、すぐに寝てしまうえほんです。
寝かし付けにはもってこい?のえほん。
おばけが出てくるのですが、お話の終わりはおばけに連れて行かれてしまうんです。
大人が読んでもちょっとこわい。
「寝たくない」「もっと遊びたい」と言ってても、
これを読めば布団をかぶってあっという間に寝てしまいます。


息子のお気に入りえほん「3さいだもん」

ふれあい親子のほん 3さいだもん (ふれあい親子のほん)ふれあい親子のほん 3さいだもん (ふれあい親子のほん)
(2004/04)
無藤 隆

商品詳細を見る


0歳のとき、小児救急にかかったときに待合室にあったえほんです。
0さいだもんから始まり、息子と同じく私も夢中になりました。

月例にあわせて興味がありそうなものが、写真つきでのっていたり、
価格のわりに内容がとても充実していて、
1冊でとても満足できる内容になっていました。

うちの子は当時0歳でしたので、「1さいだもん」を購入。
続いて「2さいだもん」を購入。
現在は「3さいだもん」を夢中で読んでおります。

えほんの読み聞かせの重要性

塾講師の友人がいまして、興味深い話を聞きました。

小さいころ絵本をたくさん読んでもらった子は、国語や英語の成績がとてもいいそうです。
それほど勉強していなくても言葉の理解力がついているらしいのです。

また、有線で流れるおはなしを聞いていた子も同じく国語がすごくできるそうです。
小さいころの読み聞かせは本当に重要みたいですね。

私も、子供に絵本を毎日読んであげていますが、明日からは真剣に?笑?読み聞かせを実践してみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。